image_11

戦闘機や爆撃機など空軍が運用する様々な航空機が配備されているのは空軍基地です。ユーゴスラビアにはかつてヨーロッパ圏で最大規模の基地があったものの、現在はその影はなく植物に覆われている姿が撮影されました。

スポンサーリンク
1948年に建設が開始され1968年に完成したというクロアチアの旧空軍基地。Željava Air Baseなどと呼ばれていたそうなのですが建設に投じられた額もヨーロッパ最大規模だったとされています。

image_1
Photo:网易新闻
この基地は1991年、ユーゴスラビア戦争時には使用されていました。しかし、ユーゴスラビア軍の撤退が始まったことで施設を放棄することが決定されたらしく結果的に破壊されることになったとのことです。

image_2
Photo:网易新闻
基地は極めて頑丈に造られており、例えば100トンの力で閉ざされたゲートが4つある地下トンネルが設けられ航空機を収めていた他、軍事拠点として1,000人が30日間必要な食糧、武器、燃料が備蓄されていました。

当時基地は厳重に警備されており基地内に不法侵入したものに対しては発泡する許可が与えられていたといいます。

image_3
Photo:网易新闻
一部の施設は長崎に投下された20キロトン核爆弾の『直撃』にも耐えるよう設計がされていたそうです。

image_4
Photo:网易新闻
基地に設けられていた滑走路は5つ。2000m規模が2つ、2500m規模が2つ、2700m規模が1つです。

image_5
Photo:网易新闻
image_6
Photo:网易新闻
image_7
Photo:网易新闻
image_8
Photo:网易新闻
image_9
Photo:网易新闻
image_10
Photo:网易新闻

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!