image_3

スウェーデンに建設された試験道路を走っているのは電車のようにパンタグラフを搭載したトラックです。実はこのトラック、車両にモーターとバッテリー、そして通常のエンジンを搭載したハイブリッド車で将来の実用化に向け試験が続けられています。

スポンサーリンク
電気トラック(EVトラック)は、電気自動車(EV)に備わっている利点のなかでも最大の価値を発揮する。すなわち、環境に優しい、のだ。

そもそもトラックは、スモッグや気候変動を引き起こしうる有害な排気ガスの原因のひとつだ。街を走るトラックの数を最小限に抑えることができれば、公衆衛生の向上につながるのは間違いない。もっとも巨大なバッテリーを運送トラックの動力源とするのは現実的な考えではない。そこでエンジニアが目を向けたのは、道路の上に電力ケーブルを張るという、1世紀前のソリューションだった。

WIRED.jp
スウェーデン、イェブレにある高速道路には2kmの区間に日本ではまず見かけない一風変わった電線が張られています。実はこの電線、スウェーデン大手トラックメーカー『スカニア』とドイツメーカーが開発したパンタフラフ搭載ハイブリッドトラックに外部給電を行う電線になります。

電気自動車といえばバッテリーを搭載し充電した電力を使用し走行するのですが、スカニアによるとこの手のトラックを電動化した場合トラックの重量が増してしまい大量のエネルギーを必要とするため現在のバッテリー技術では電気トラックの実用化は難しいとしています。



そこで鉄道車両用インバータ開発で有名だというドイツ、シーメンス社と共同でパンタフラフ搭載トラックを開発。このトラックには3kmほど電動で動くことができる5kwhのバッテリーを搭載しており通常の走行は内部のエンジン、そしてパンタグラフから給電される電動モーターにより動くといものになりました。

このようなパンタフラフトラックの利点としは電気トラックよりも導入コストが安く、通常のディーゼルエンジン搭載トラックよりもCO2排出量が少なくNOxなどの汚染物質による環境、健康へ影響が少ないことが挙げられています。また電線を地中に埋め無線給電するいわゆるワイヤレス充電に比べ建設コストが安く済みます
一方デメリットとしては給電するパンタグラフはトラックのみしか搭載することができず通常の車では利用することができないこと。電線が必要になるため景観上の問題が生じてきます。

image_4

スカニアによるとこの手のシステムは大量の荷物が運ばれる港や都市間の運送で大きな効果が見込まれるとしており、現在は燃費削減効果の実地試験と設置可能なエリアの調査を続けているとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!