image_14

中国では不審物の持ち込みを制限するため『鉄道』でも手荷物検査が実施されています。しかし、先日検査官が検査画面を見ていたところ突然人間が映し出されるというハプニングがあっと報じられています。

スポンサーリンク
旅客機に乗り込む際に行われる荷物のX線検査。もちろん人間用に作られたわけではないのですが、先日中国で乗客が誤ってX線検査に入り込んでしまい前進をスキャンされてしまうというできごとがあったと報じられています。

X光驚見「爬行人類」 安檢警員嚇傻 - Yahoo奇摩新聞

事故があったのは中国安徽省金寨県の駅。当時、乗客のX線検査を行なっていたところ検査官が見ていた液晶モニターに明らかに中年男性と思われる人の姿が映し出されたとのことです。一体何があったのか。

image_15

誤って入り込んでしまった男性によるとバックを置こうとしたところ誤って転倒してしまったと話しており、どうやらそのままの姿勢で検査機上を流れてしまったとのことです。
中国では2015年にX線検査の意味がわからなかったのか自らベルトコンベアに乗り手荷物と一緒にX線検査を受けてしまった人物がいる他、酔って転倒したことでそのまま流されX線検査されてしまった人が確認されています。 

世界でも少なからずこの手の事故はありそうなのですが、中国ではなぜかインターネット上にアップロードされることがありそのたびにニュースで取り上げられています。 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!