Qaher-313

イランが開発を進めていたステルス戦闘機ガーヘル 313という機体について、今月エンジンを稼働し地上を移動するタキシングを実施したと報じられています。

スポンサーリンク
イランなど海外の複数メディアによると今月15日、ガーヘル 313(F-313,Q-313)というイランが開発している国産ステルス機について試作機と考えられる機体が地上をタキシングしている姿を報じています。



F-313は2013年2月2日、イランの防衛省がホームページ上で発表されたもので当時のアフマディネジャド大統領がその除幕式に参加した様子が公開されていました。具体的な性能については非常に低いレーダー反射断面積を有し、短距離離陸が可能でまたメンテナンスも容易な機体だなとど紹介されていました。(参考)

一方で当時公開された機体の作りなどからモックアップレベルであり実際に開発されることはないのではないかという声もあったのですが、今回エンジンが1基から2基になっているなど2013年に公開されたものとは一部異なる機体となっています。

Qaher-313_1
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_2
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_3
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_4
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_5
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_6
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_7
Photo:IRIB NEWS AGENCY 
Qaher-313_8
Photo:IRIB NEWS AGENCY 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!