image_69
Photo:Neilさんのツイート
先日岩国基地で垂直離着陸型が初公開されたF-35。一方、イギリスでは通常離着陸型のF-35Aが初めてマック・ループにて低空飛行訓練が行われたと報じられています。

スポンサーリンク
イギリス本土、中西部に位置するウェールズ地方。ここには世界にも有数な軍用機の撮影スポットがありあます。知る人ぞ知る『Mach Loop(マック・ループ)』という通称で呼ばれているところなのですが、渓谷沿いに低空飛行する戦闘機などを目線の高さで見ることができるというエリアです。

マック・ループはイギリス空軍の低空訓練空域となっており欧米の戦闘機や輸送機、ヘリコプターによると訓練が行なわれているのですが、今回最新鋭のステルス機となるF-35Aが初参加しました。





このような低空飛行訓練が実施されているのですが、戦闘機側の視点というのも公開されています。撮影に使用されている機体はイギリス空軍のユーロファイター・タイフーンです。上の動画で撮影しているポイントを通過するのは1分30秒~33秒前後になります。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!