米

日本を始め東アジア一帯で主食となっている『米』。実はこの米について韓国の朝鮮日報が米の起源は韓国にあるという主張を掲載したそうです。いったいどのような理由から起源の主張に至ったのでしょうか。

2017年5月11日、中国メディア・封面によると、韓国メディアが7日、「コメの起源は中国ではなく、韓国だ」と主張した。 コメの起源には諸説あり、いまだ明確な結論は出ていないものの、一般的には中国とインドが主要な起源地と目されている。そこに韓国が突然「中国ではなく、自分たち韓国こそコメの起源」と主張し始めた。

Record China
米の起源(原産地)については幾つか説があると言われており一般的に主張されているのは中国中南部、揚子江(長江)流域で最初に栽培されたというものです。この米については12,000年前のものだったという科学的な証拠があるとしています。

一方、1998年・2001年に韓国の中央に位置する忠清北道で忠北大学の李永城氏らが発見したという炭化した米を59粒について放射性年代測定を多なった結果、中国で発見されたものより最大で3,000年あまり古い15,000年前(記事では13,000~15,000年前)という結果がでているといいます。ただ、韓国で見つかった米については現在の栽培されている米の品種とは遺伝子的にも異なっているとのことです。

2011年、スタンフォード大学の遺伝学科、ニューヨーク大学のゲノムシステム生物学センター、ワシントン大学生物学科の研究者らが行なった研究として米の起源は中国とインドの2つに起源があるともしています。また、今から8200年前に現在の米の起源があるとしており、ジャポニカ米とインディカ米は今から3,900年前に別れたとも主張しています。(参考)

韓国で見つかった遺伝子が異なる米がそもそも米と言えるのかについては専門家の判断ということになりそうなのですが、記事では日本や中国の習慣・文化そして人物などの起源を主張していることについても触れており専門的なことは別として新たに韓国起源説の1つに米が加わったという反応を見せているとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!