image_5

宇宙や車など最近やたらと耳にする人物、イーロン・マスク氏。そんな彼が新たに地下トンネルを作りそこに自動車を走らせるという構想を過去に発表していたのですが先日、車が専用車両の上に乗り時速200kmで地下空間を移動する映像を公開しました。

TeslaとSpaceXの創業者となるElon Musk氏が創業した地下トンネルを利用した新しい公共交通手段提供会社となるThe Boring Companyは、開発中の地下トンネル内を走行するためのソリ(Slide)の走行試験の映像を初公開した。

Business Newsline
昨年12月、イーロン・マスク氏が設立したのはThe Boring Companyという企業です。これはトンネル掘削企業でトンネルを掘り進むボーリングマシンを開発し、地下に新たな公共交通を設けるというものです。

以降具体的にどのように開発を進めるのか、どのような交通手段となるのかは今年4月に発表はされていたのですが、先日試験車両を用いたもので最高速度200km/hに達した映像を初公開しました。

これがどのように接続され地下ネットワークになるのかは4月に公開された映像で確認できます。


非常にSFチックなのですが、運転手はこのような電動の車両に乗り地下空間に送られ、自動で目的に付近まで輸送してくれるというものになります。
そもそもイーロン・マスク氏は地上の交通渋滞に嫌気を刺しこの発想を思いついたと当初から口にしており、トンネルを掘り公共交通を建設するということ案自体は多くの人がネタだと思っていたですが本気で開発を続けているようです。

彼によると現在スペースXの駐車場で試験走行用のトンネルを掘削しているとも話しており最終的にはロサンゼルス空港からロサンゼルス市郊外まで構築する計画を発表しています。ただ、この構想についてトンネルの掘削について市の許可がまだ得られていないとしており開通するのかについては見通しは経っていません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!