image_19

無人機からステルス機まで開発規模が拡大している中国。今月、双回転翼を有した垂直離着陸可能な複合ヘリコプターと考えられるモックアップが展示されたと報じられています。

スポンサーリンク
詳細は不明なのですが、今月14日江西省景徳鎮市でヘリコプター関連のイベントが開催され地元の高校生ら約700人が訪れたと報じられていました。このイベントでは無人ヘリから開発中と考えられる複数の機体が展示されていたのですが、その中に大型の双回転翼ヘリコプターが展示されていたそうです。

image_17

この双回転翼ヘリコプターについては2016年11月、2年周期で開催される中国国際航空宇宙博覧会(珠海航空ショー)の場に展示されたものと同じものと考えられます。

▼珠海航空ショーで展示されていた同じ模型
image_18

この機体については『複合ヘリコプター』などと呼ばれておりヘリコプターのように回転翼による揚力で上昇し、水平方向についた推進力(ターボファンやターボプロップエンジン)でヘリコプターよりも高速飛行できる特徴があります。

この手の複合ヘリコプターは古いものでは1940年以降、各国で開発が続けれたもののその多くが試作機のみで開発が中止となっています。
しかし、近年であればオスプレイのようなティルトローター機が登場している他、欧米の軍隊を中心に導入されているブラックホークの後継機としてS-97 レイダーという複合ヘリコプターの開発も進められており従来のヘリよりも高速で移動できまた航続距離が長い新しいタイプのヘリコプターの必要性が見直されている状況です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!