FC-31

中国の航空機製造会社『瀋陽飛機工業集団』が輸出用に開発を行っていると言われてるJ-31(FC-31)というステルス戦闘機について、2回目となる大幅な改良が加えられたものが今年6月に初飛行すると中国メディアが報じています。(写真はJ-31改良型)

スポンサーリンク
多くの軍用機を開発していることで知られる瀋陽飛機工業集団が自己資金で開発を続けているというJ-31について、あくまでネット上の噂としてバージョン3という改良型が今年6月に初飛行するのではないかという噂があると報じています。

J-31は2012年7月にロシアの軍事関連サイトが開発を報じ同年10月末に初期型が初飛行している様子を地元の軍事ファンが撮影に成功しました。その後2014年に中国珠海市で開催された航空機関連見本市で初めての展示飛行が行われていました。
また2016年12月末にはバージョン2という主翼や尾翼などに大幅な設計変更が加えられた改良型が初飛行している様子が確認されていました。(参考)

▼改良が加えられたバージョン2
0_1
Photo:新浪网
▼初期型とバージョン2の形状変化
0_2
Photo:新浪网
バージョン3という改良型に関して6月に初飛行するという信憑性について新浪网は薄いと主張しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!