image_10

ロシアで拳銃を所持するためには当局の許可を得る必要があり一般人が所持していることはないと言われているのですが、実は違法拳銃を作り不法所持しているケースがあります。今回は押収され銃を紹介していきます。

スポンサーリンク
image_1
Photo:English Russia
駅で不審な人物を見つけ身分証の提示を求めたところ警察官が発見したという自作の銃。

image_2
Photo:English Russia
アルタイ山脈近くで暮らす住人から押収されたという自作拳銃

image_3
Photo:English Russia
市販されている銃に似ているもののこちらも不法拳銃です。失業した24歳の男から押収されたもので旧ソ連陸軍や警察が使用する9mmの弾丸を撃てるようになっていたとのことです。

image_4
Photo:English Russia
こちらも現在多く出回っている現代型の拳銃

image_5
Photo:English Russia
2014年ボロネジで警察官が襲撃された時に押収されたペンタイプの銃。逮捕された人間はこれ以外にも多くの銃や弾を持っていたとされています。

image_6
Photo:English Russia
ロシア北西部アルハンゲリスクに暮らす55歳の男から押収されたもの。自作したというリボルバータイプ。

image_7
Photo:English Russia
2013年、漁師により発見された自作銃。

image_8
Photo:English Russia
イルクーツクで押収された銃。

image_9
Photo:English Russia
ロシア西部サマラ市の製鉄所で破壊された自作銃の1つ。ちなみにこの時、不法拳銃など1800個が壊されたとのことです。

14 Examples of Curious Russian Self-Made Illegal Weapons | English Russia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!