image_69

インターネット上では商品のレビューページ、また個人が投稿した動画や写真にも評価するボタンがありますよね。先日、タイでこの評価を釣り上げるという目的で500台のスマホを使用し操作していた中国人グループが摘発されたと報じられています。

スポンサーリンク
【6月13日 AFP】タイで13日、ソーシャルメディアに紹介された中国製品に「いいね」ボタンを大量に押す「クリック工場」を操業していた疑いで、中国人の男3人が拘束された。タイの警察当局は11日、3人がカンボジア国境近くに借りていた住宅を捜索し、パソコンに接続された約500台のスマートフォンが棚に並べられているのを発見。

AFP BB NEWS
自分が作った動画や撮影した写真や書き込んだ情報などを『良い』と評価してもらえるというのは誰でも嬉しいものです。もちろんこの評価はお金が動くECサイト(ショッピングサイト)でも採用されておりこれを参考に物を購入された方も多いと思います。



摘発、拘束されたのはタイで活動していた中国人3人です。記事によると3人は中国企業から雇用された人物でタイへは労働が禁止されている旅行者用のビザで訪れていたといいます。一室には約500台ものスマートフォンが立て掛けるように並べられその画面をタップする仕事をしていたといいます。実はこのタップしていた先は何れも中国の医薬品や食料品・旅行会社の評価に対して手動で『良い評価』を行うというものでした。
合わせて40万枚ものSIMカードが押収されておりSIMカードを入れ替えることで別の端末、別の持ち主と偽装することで評価が量産される体制が構築されていたといいます。このSIMカードは回線契約が必要でありどのようにしてSIMカードを入手できたのかは明らかになっていません。


中国本土でも評価を良くするという工場が確認されており2015年2月にはApp storeのランキング操作を行う目的で一人の従業員が60台あまりのiPhone5cを操作しダウンロードを繰り返し意図的にダウンロードランキングを吊り上げる業者が確認されています。

Appストアのランキングは外部から操作されている : ZAPZAP!

appstoreランキング不正操作

この手の不正にランキングを操作している企業は「3,000~70,000人民元(約57,000~1,340,000円)でアプリの各カテゴリーにトップ10入りを保障する」などという宣伝しているところもあるとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!