F-16

第5世代戦闘機として高いステルス性能を有するF-35。この戦闘機について現在運用中のF-16という戦闘機を完全自律機として運用しF-35と共に行動する計画が進められているとのことです。(写真は有人機のF-16)

スポンサーリンク
米空軍は、戦闘機の無人化に取り組んでいる。最近行われたテストでは、無人化したF-16を自律的に飛行させ、戦闘させることに成功した。

以前、米空軍は最新鋭のF-35の訓練用の標的機として、老朽化したF-16を無人化し、遠隔操縦で操縦していた。しかし4月10日月曜日(現地時間)、米政府は空軍とロッキード・マーティンの先進開発計画部門「スカンクワークス(Skunkworks)」との共同研究により、F-16を遠隔操縦ではなく、完全自律型の無人機に改良したことを発表した(スカンクワークスは、アメリカの戦闘機開発における伝説的なチームとして知られている)。

BUSINESS INSIDER JAPAN
今回F-16の開発元であるロッキード・マーティンが計画しているのは人間により遠隔操作された無人航空機とは異なり、攻撃や回避などの判断をコンピュータ任せにするという完全自律型無人機に作り変えるというものです。

記事によると、この機体は試作機が完成しており実際に行われ試験では『F-16の無人機は自律的に飛行経路を選択して標的に向い、地上への攻撃を行った。さらにミッション遂行中に敵機に遭遇しても、その脅威に対応し、ミッションを続行した』としています。
結果について米空軍研究所のアンドリュー・ペトリ大尉は「無人機が作戦通りにミッションを遂行できることのみならず、予期せぬ敵に対しても反応し、対応策が取れることを実証した」と発言したとしています。さらに将来この機体はF-35などの高性能な有人機と共に行動し編隊を組むという運用方法も計画されているといいます。


空対空から対地攻撃まで様々な兵器を運用することができる戦闘爆撃機として運用されるF-16。他の航空機よりも安価なこともあり多くの国で運用され4000機以上が生産されているのですが、アメリカでは2013年9月にボーイングと米空軍が退役したF-16を改造し、遠隔操作で飛行させる無人航空機『QF-16』の試作機を完成させ初飛行を行なっていました。

▼QF-16(遠隔操作が必要な無人型)


▼遠隔操作により運用する無人攻撃機
image_75

現在運用されているQF-16を含む無人航空機、例えば無人攻撃機MQ-9リーパーなどは何れも地上からの遠隔操作が必要です(上記画像)。無人航空機は一般的な有人機よりも運用コストが抑えられるという利点があるものの長時間の操縦を任せられるなど無人航空機パイロットの離職率が高く、現在有人機よりも無人機の求人数のほうが多いという現状が続いていると言われています。一方、完全自律機であればそのほとんどが無人で行なわれると考えられパイロットの負担という問題も大きく改善されるものと考えられます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!