image2

韓国メディアによると2009年に死刑が確定した韓国人のチョン死刑囚について、新聞記事で「殺人鬼」などと表現されたことについて記者を名誉毀損で訴える出来事があったと報じられています。

聯合ニュースによるチョン・ソンヒョン死刑囚が韓国水原市の報道記者A氏に対し、2014年に書いた記事の中で「殺人鬼」などと表現されたことについて、名誉を傷つけられたとして告訴する出来事があったと報じています。

"'살인마' 표현은 명예훼손" 안양 초등생 살해범이 기자 고소
韓国の死刑囚、「殺人鬼」と書いた記者を名誉毀損で告訴=ネ... - Record China

記事によるとチョン死刑囚は殺害した当時11歳と9歳の少女を誘拐し殺害した罪で2009年に最高裁にて死刑判決が下されていました。その後、11歳の少女の父親(53歳)が心臓発作で死亡するという出来事があり2014年A氏は記事の中でチョン死刑囚を「殺人鬼」と表現していたとのことです。

▼チョン死刑囚
チョン死刑囚
Photo:聯合ニュース
チョン死刑囚は現在収監中なのですが2012年に警察の取り調べで脅迫や強要を受けたとして警察と国を相手に訴えている他、2015年には虚偽の報道で被害を受けたとして報道機関を訴えるなどしています。判決は何れもチョン死刑囚が敗訴しています。

この報道について韓国では「次は連続殺人犯と表現すればいい」、「犯罪者に人権や名誉はあるのか。犯罪者は犯罪者だ」のコメントが寄せられています。
このエントリーをはてなブックマークに追加