ボルボ

スウェーデンの自動車メーカー『ボルボ』は2019年以降自社が生産する全ての車両に関して電気自動車、もしくはハイブリッド車のみ供給するとしガソリンエンジンのみ搭載している車両は生産を縮小していくと発表しました。

スポンサーリンク
Volvoは5日、ガソリンエンジンなど内燃機関(internal combustion engine (ICE))のみを搭載している車両の生産を縮小し、2019年までにICE車の生産を終了することを発表した。同社は、2019~2021年にかけて5つの完全エレクトロニクス型の電気自動車を市場投入することを予定しており、今後は、電気自動車に主軸を移していくことを予定している。

Business Newsline
現在市販されている自動車については多くはガソリンエンジン車、ガソリンとモーターで動くハイブリッド車、電気のみで動く電気自動車、エンジンは搭載しているものの発電のみ行う車などいくつか種類があるのですが、ボルボは2019年を目処にガソリンエンジンのみ搭載した従来型の車両に対して生産を終了しハイブリッド車、もしくは電気自動車の生産・開発を今後続けていくと発表しました。

ボルボについては過去に2025年までに電気自動車もしくはハイブリッド車を100万台売り上げるという目標を掲げています。また親会社である中国の吉利汽車も電気自動車に力を入れていること、さらに中国では補助金やナンバープレートの優先取得ができるという理由から電気自動車やハイブリッド車に根強い人気があることなどの理由から大幅な方針転換に至ったと考えられます。

また、ドイツのフォルクスワーゲンについて2025年までに30車種以上の電気自動車の市場投入すると2016年時点で発表しており欧州を中心にエコカーのムーブメントが既に起こりつつあると考えられます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!