Zunum Aero_1

航空宇宙大手ボーイング及び格安航空会社ジェットブルー航空により設立されたZunum Aeroはジェットエンジンを搭載していない電動ファンで飛行する次世代旅客機の開発を始めたと報じられています。

スポンサーリンク
電気モーターによるダクトファンを2基装備したハイブリッド方式のリージョナル旅客機の開発を表明していたZunum Aeroが機体の実現に不可欠なダクトファンエンジンの開発入りを果たしたことが業界専門誌となるAviation Weekによる報道で明らかとなった。

Business Newsline
小型のセスナ機から大型の旅客機までそのほとんどはターボプロップエンジンやターボファンエンジンが搭載されています。これらはジェットエンジンの一種になるのですがアメリカのZunum Aeroはこのジェットエンジンに頼らない次世代旅客機を構想しています。

Zunum Aero_2

Zunum Aero社が開発を目指しているのは10~50人乗りのビジネス及びリージョナル機で、従来のようにジェットエンジンを搭載しない代わりに内部に発電用のエンジンを搭載、生産された電力で電動ファンを動かし推力を得るというものです。
今回報じられたのはその中でも最も重要となるダクトファン、つまり電動ファンの開発が既に始まっているというものです。

変換効率の面から逆に燃費が悪化しそうな気がするもののZunum Aeroの想定によると開発が非常に難しい現代のターボファンを開発する必要が無いなど従来のジェットエンジンに比べ運行コストは40~80%の改善が見込まれるとしています。

同社は将来的に電動ファンとバッテリーのみで飛行する旅客機の開発を目指しています。現在は発電用のエンジンを搭載した機体により2020年を目処に航続距離1,100km程度の短距離路線に就航させ、2030年代には1,600kmの飛行距離のある機体を開発していくとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!