image_30

中国では病気や体に障害を負い働くことができない理由から他人からお金をもらう所謂『物乞い』が行なわれています。一方で、善意に漬け込み金を騙し取る人間も多いのですが先日、家族の病気を理由に学生に偽装した40代の女性が現れたと報じられています。

スポンサーリンク
中国の複数メディアによると、江蘇省揚州市で通りに学生の制服を着て膝まずいた姿勢で物乞いをしている女性が現れたと報じています。実はこの女性、40代で明らかに不審な点が多いとして話題となっています。

40歲大媽裝小學生路邊求助 還讓大家掃微信支付

記事によると、問題の女性の前には父親が障害を負い母親も病気を患っており貧しい生活をおくっているなどと書かれておりお金を恵んでくれる人を待っていたといいます。付け加えて中国では多く利用されている電子決済が行えるQRコードも書かれているなど用意周到だったといいます。



この女性は去年から現場付近に現れたらしくとある住人によると数時間で1000元(約1万7000円)を稼いでいたなどと話していたといいます。また風貌がおかしく中年女性にも関わらず学生の姿をしているということで不審がられていたといいます。

記者が問題の女性に接触したところどのような理由で物乞いを行っているのか、年齢や身分は一切明かさず現場を立ち去ったとのことです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!