エレベーター爆発_1

ありとあらゆる物が爆発する中国。その中には想像を超えるものが爆発する例もあるのですが今回はエレベーターです。ものすごい衝撃と共にエレベーターが爆発したという今回の出来事。原因は住人が設置した水筒だっとしています。

スポンサーリンク
中国のポータルサイト『新浪網』によると、今月24日浙江省杭州市にある古いマンションに設けられたエレベーターが突然ば爆発し、入り口の構造の一部が吹き飛ぶなど被害が出たと伝えています。

大妈用杯子挡住电梯门 致使小区电梯发生爆炸|电梯|电梯门_新浪新闻

記事によると、事故があったのは16階建てのマンションの9階で発生しました。爆発当時、7階に住む女性がエレベーターを利用しており2階上に用事があるため向かっていたといいます。当時暑かったこともあるのかエレベーターの待ち時間を短縮するため女性は9階でエレベーターの扉が閉まらないようステンレスの水筒を設置していたといいます。

エレベーター爆発_2

しかし、エレベーターは水筒を感知せずドアが閉鎖。半開きのまま動き始めたところエレベーターが爆発してしまったという理由です。

エレベーター爆発_3

事故後エレベーターの点検業者が調査したところ女性が設置していたであろう水筒の破片が内部で挟まっているなど損傷が確認されたとしています。今回の故障について女性が行なった行為による故障だとし、女性側の家族と修理費用など話し合いが始まっているといいます。

何故水筒が挟まっているにもかかわらずエレベーターが上昇してしまったのか、中国のエレベーターはドア部分に触れると感知しドアが開くタイプ、そしてセンサーでドア付近に障害物がないか検知するタイプが運用されいるそうです。
今回爆発したエレベーターは後者のセンサータイプのものでセンサーが検知できないところに物が置かれていたことが原因の1つとしています。

現場付近に暮らしてる住人によると「昼寝をしていたところ大きな爆発音が聞こえた」「外に出てみるとエレベーターの出入り口にある大理石が散乱していた」と話しています。このマンションにはエレベーターがこの1つしか無いらしく住人らは暑い中自分の足で登り降りしなければならないという不便を強いられているとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!