木星の大赤斑_1

太陽系最大の惑星『木星』。現在この天体にはNASAが打ち上げた探査機ジュノーによる観測が継続されているのですが、人間が木星の大赤斑を目にした場合どのような色合いで見えるのか一般の科学者により画像を公開されました。

スポンサーリンク
今回公開された画像はNASAのジュノーが提供しているデータを元に市民科学者というBjörnJonsson氏により解析、画像化されたものです。特徴はやはり人間の目で見た場合に近い色合いになっているという点になります。

Jupiter’s Great Red Spot in True Color | NASA

木星の大赤斑
Photo:NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS /BjörnJónsson

こちらがBjörnJonsson氏により作成された画像です。木星最大の特徴である大赤斑が回りのガスを巻き込み複雑な渦を作っていることがわかります。NASAによると、元の画像はジュノーが7回目に木星に接近た2017年7月10日のもので高度13,917kmの宇宙空間から撮影されたものだといいます。

私達がテレビやインターネットで見ることができる宇宙の写真や映像は着色されており、実際に人間の目で見る色とは異なっているものが多いと言われています。

参考:NASAのPhotoshopテクを公開! 美麗宇宙写真はこうして作られる(動画あり)|ギズモード・ジャパン



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!