image_41

中国メディアによると先月末、違法業者により盗まれた108匹の犬を救い出そうと警察官になりすましていた男性が逆に逮捕されてしまうという出来事があったと伝えています。

スポンサーリンク
中国メディア『四川在线』によると、先月31日四川省綿陽市で自家用車にパトライトを付けた不審な車が警察官により発見されドライバーが逮捕されたとしています。

私家车闪警灯鸣警笛 车内一男一女装备齐全冒充特警被识破_绵阳新闻_四川新闻_四川在线

男性は年齢23歳。当時、男性は警察官の制服を着用し手錠を所持しているなどしていたのですが、現役の警察官の目は誤魔化せず警察手帳の提示を求められたものの「持ってくるのを忘れた」などと白を切っていたといいます。その後身分を照会したところ、予想通り警察官になりすましていたことが明らかになりました。

image_42

なぜ警察官になりすましていたのか。実はこの男性、最近ペットや野良犬が違法に捕まえられ近くの街で集められていることを知ったといいます。これをなんとかしようとインターネット上で相談したところ警察官になりすます方法が最善だと考えたそうです。
しかし、明らかにパトカーとは異なる車体で不自然なパトライトを点滅させていたことで警察官の目にとまり車を止められてしまったということのようです。

image_43

逮捕された男性はこれら警察官グッズは数日前にインターネットで購入したと話しており警察官に没収されました。また拘留処分が言い渡され罰金2000元(3万2000円)の罰金が科せられたとしています。一方、男性が主張していた犬についてはその後、警察当局により違法業者が摘発され現在保護している状態だとしています。

中国では食文化の1つとして犬の肉を使った料理が多く、特に鍋料理が多く出る冬場に多いものの違法業者により飼い犬までも盗まれる被害が相次いでいます。
参考:中国で冬になると『犬泥棒』が増える理由 : ZAPZAP!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!