image_47

催涙スプレーやスタンガンなど護身用品は日本でも売られているのですが、なんと中国ではペンライトサイズで50cmほどの炎を吹き出す護身用品として流行っていると報じられています。

スポンサーリンク
これを報じているのはフランスメディア『Ulyces』で北京青年報が報じた内容として中国内のオンラインショッピングサイトで痴漢撃として護身用品が多く販売されているとしています。

En Chine, on vend des lance-flammes de poche « anti-pervers »

image_48

この護身ライターは10~30ユーロ(約1,300~4,000円)で販売されており、片手に持つことができるペンライトのようなサイズなのですが、その先端からは20~50cmの炎が吹き出すというアイテムになっています。もちろん、このライターは当局も把握しているらしく「持ち歩く物としては技術的に違法だ」としており購入や使用をやめるよう促しているといいます。



この『技術的』というのはどうやら製品の仕様に問題があるらしく、例えば何らかの拍子に爆発したり製品の輸送中にも爆発する可能性があるものと考えられます。

何れにしても相手を殺傷することが十分可能であるため過剰防衛になる恐れもあり電車などでは車両火災の原因なるなど他人を巻き込む恐れがあるため非常に危険なアイテムと考えられます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!