増槽で作られた船_7

戦闘機に搭載されている大型の燃料タンク。爆弾と見間違えてしまう方も多いのですが、実は増槽と呼ばれる外部燃料タンクです。この増槽についてベトナムでは戦争時に使用されていたものが今は船として利用されているそうです。

ベトナム戦争では旧ソ連と中国が支援した北ベトナム、そしてアメリカが支援していた南ベトナム双方による音速を超えるジェット戦闘機による戦闘が行なわれていました。これら戦闘機には飛行距離を伸ばすため増槽、いわゆる外部燃料タンクを翼の下に搭載していました。

▼ベトナム戦争で運用されていたアメリカ海軍のF-4ファントムII。機体下部に増槽を搭載しています
F-4

この増槽は現代の戦闘機でも採用されているものなのですが、戦争当時大量に作られた増槽や空中投機されたものが現地に残されており川を行き交う住民らの足や仕事で使う船に改造され運用されているそうです。

増槽で作られた船_1

増槽で作られた船_2

増槽で作られた船_3

増槽で作られた船_4

増槽で作られた船_5

増槽で作られた船_6
このエントリーをはてなブックマークに追加