FORMOSAT-5

今月25日アメリカの宇宙開発企業スペースXはカリフォルニア州から打ち上げたファルコン9ロケットを使用し、台湾が開発した地球観測衛星「Formosat-5(福衛5号)」を打ち上げ、軌道投入に成功したと発表しています。(画像は台湾上空を通過するCG)

スポンサーリンク
今回打ち上げれた人工衛星は台湾国家宇宙センター(NSPO)により出資し桃園市に拠点を置く国立中央大学が国内製造したもので自然災害を評価し、地球環境の監視、また台湾の国家安全保証を支援するためのデータ収集が行なわれます。FORMOSAT-5は縦2.8m、横1.6m、重量475kgのこの手の小型衛星としては最小となっており設計寿命は5年です。

SpaceX launched and landed another one of its Falcon 9 rockets - The Verge

FORMOSAT-5_3

FORMOSAT-5_2

FORMOSAT-5_1



こちらが打ち上げの映像です。使用されたロケットはファルコン9 FTで、第一段目は洋上に展開された無人船に着艦しました。打ち上げからおよそ11分後、高度723km、27,308km/hの速度で人工衛星の切り離しに成功しました。

スペースXのにようると現在フロリダ州の発射場はメンテナンス中でカリフォルニア州ヴァンデンベルクからの打ち上げとなったと説明しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!