image_139

鳩の優れた帰巣本能を利用することで通信手段として利用されていた鳩。イランメディアによると先日その帰巣本能を利用したと考えられる薬物を違法輸送していた鳩が確認されたと報じています。

スポンサーリンク
イラン国営IRNA通信によると、先月29日イラクと国境を接する西部のケルマンシャー州で違法薬物運搬用に訓練された鳩100匹を押収したと伝えています。同様の鳩は他国では確認されていたもののイラン国内では初の事例だとしています。

Islamic Republic News Agency

記事によるとこの鳩には足首に小さい箱が付けられておりそこに違法薬物を入れ輸送していたと考えられています。

同様の事件は幾つか確認されており今年5月にはイラクとの国境に近いクウェート側で鳩の背中にカバンを付け違法薬物178錠を輸送している鳩が確認されていたほか、2011年にはコロンビアで鳩を利用し刑務所内に違法薬物を輸送していた個体も確認されていました。

▼違法薬物を輸送していた鳩(クウェート)
違法薬物を輸送する鳩

イランではこの手の違法薬物の所持は最高で死刑が言い渡される恐れがあり今年上半期で執行された死刑239人のうち129人が薬物関連としています。鳩レースが伝統的な遊びとしてイランでは人気があり今でも農村や小さな街では盛んに行われているとのことです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!