image53

海外メディアによると今月14日から実施されているロシアとベラルーシによる合同軍事演習『ザーパド2017』で、新型攻撃ヘリKa-52『アリゲーター』が誤ってロケットを発射してしまい地上の車両や人を巻き込む事故があったと報じています。

スポンサーリンク


こちらはヘリコプターからの映像です。


オーストラリア放送協会によると発生した詳細な時間帯などははっきりしておらず現地時間日曜日もしくは月曜日に発生したとしています。この事故により2人が重軽傷を負ったとのことです。

事故があったのはエストニアとの国境から東に100kmの地点で、ヘリコプターで発生した電気的なトラブルで誤って発射されたとしておりパイロットの操作ミスではないと主張しています。

▼事故後の現場


攻撃ヘリコプター Ka-52『アリゲーター』はロシア国防省によると就役に向けた最終試験段階に移っており今年中にロシア航空宇宙軍に配備される予定となっています。

▼Ka-52『アリゲーター』Ka-52

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!