image_7

中国の複数メディアによると今年引退を発表した体操選手 張豆豆さんが北京市内で転倒した老人を助けたところ複数の老人から金銭を強要される事件があったと報じられています。

スポンサーリンク
『頭條日報』によると、元体操選手張豆豆さんがマイクロブログ上で明らかにしたこととして先月末、北京市の道路脇を歩いてたところ前方を歩いていた高齢者が転倒、それを見た張さんは手を貸し起こそうとしていたところ逆に因縁を付けられ金銭を支払うハメになったと報じています。

張豆豆好心扶跌倒老人遇詐騙 問:「扶不扶?」 - 中國 - 即時新聞 - 頭條日報 Headline Daily

当時の状況について転倒した高齢者に手を貸していたところどこからか現れた3人の高齢者男性に囲まれ金銭を強要されたとしてます。張さんは支払わざる負えない状況に追い込まれやむを得ず100元(約1700円)をその場を離れたとコメントしています。

image_5

ご存知の方も多いように中国では転倒した老人を助けたところ助けた人が犯人だと主張され治療費を含む金銭を要求され、場合によっては裁判に発展するケースが多々報告されています。過去に発表されたデータによると2015年1~9月の期間で転倒した人を救助した側を『加害者』だと主張され金銭を要求されたケースを149件確認しています。

▼訴えられる恐れがあるため手を貸さない周囲の人
image_6

一方、中国共産党はこのような問題を解消しようと今年から『善行奨励法』が施行されています。具体的には救助を求めている人を助けた場合は表彰されるという以外も仮に助けたことで逆に訴えられてり金銭を要求された場合は保険会社が無料で支援するという内容になっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!