image_39

毎年のように山火事が発生するアメリカ、カリフォルニア州。今回の火災ではサンタローザという住宅街にも火の手が襲い、街が焼失するというアメリカ史上最悪の山火事に発展していると報じられています。

スポンサーリンク
海外の複数メディアによると、カリフォルニア州北部で8日に発生した山火事についてカリフォルニア州当局は住宅1500棟を含むオフィスや店舗、3500棟が全焼しアメリカ史上最悪の山火事になったと報じられています。

これまで焼失したエリアは6万9000ヘクタールで深刻な被害を受けた地域の一つサンタローザのコフィーパークには住宅街が広がっていたものの街ごと全焼するという規模の大火となっているとしています。

▼火災前のコフィーパーク
image_36
▼火災後のコフィーパーク
image_37

この火災により全てのエリアで少なくとも21人の死亡が確認され150人が行方不明になっていると伝えられています。また2万人の住人が避難を続けています。火災は同州の17か所に広がっており、アメリカの最高級ワインを製造している農園も被害を受けており甚大な観光被害でるものと考えられます。

▼サンタローザ
image_38

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!