アシアナ航空_1

韓国メディアによると、国内の航空会社に関して墜落事故寸前に回避できたなど重大な問題が今年だけで既に7件発生していたと報じています。

スポンサーリンク
韓国メディア『SBS』によると、韓国国土交通部の文章から明らかになったこととして今年10月の時点で墜落寸前で回避出来たなど問題が7件発生していたことがわかったとしており、何れの場合も乗客には一切報告されていなかったと報じています。

승객들만 몰랐던 항공기 충돌 위기…"특정 항공사에 집중적"

具体的な例としてマレーシア上空から下降していたところコックピット内に地上接近警報装置(GPWS)が鳴り響く出来事があったとしています。着陸しようとしていた空港には手前に高さ610mの障害物がありこれを回避するため緩やかに降下する必要があったもののこれを知らずに大きく高度を下げたことが原因だったとしてます。この機体は墜落まで残り10数秒というところで急上昇し危機を去ったとしています。
この事故に関して現役パイロットの主張として「通常、墜落まで10~30秒しか時間の猶予がないという飛行はパイロット人生の中でも1度もない人が大半だ」としています。また他の例として管制官が指示した滑走路とは異なる滑走路に着陸するよう計器に入力していたことが原因で着陸前に急旋回し着陸を中止したケースがあったとしています。

韓国国土交通部の文章によると7件の問題はアシアナ航空が5件と突出している以外は大韓航空が1件、他のLCCが1件としています。

▼アシアナ航空214便着陸失敗事故
アシアナ航空_2

アシアナ航空に関しては2013年にサンフランシスコ国際空港で着陸に失敗し3人が死亡180人が負傷する事故、2015年に広島県の広島空港で着陸に失敗し27人が負傷する事故など、墜落に至らない事故に関しても機長らがコックピットで喧嘩を始めるなど数々の問題を起こしていることで話題になる航空会社です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!