image_59

中国で『大閘蟹』と呼ばれているのは日本ではチュウゴクモクズガニ、所謂『上海ガニ』で知られる淡水に生息するカニです。このカニは一般的に縛られた上で出荷されているですが、これを行う女性らの給料が明らかになったそうです。

上海のおばちゃんに縛り上げられる無数のカニ。中国では長江中域を中心に生息しているのはこの上海ガニです。実はこの季節、上海、香港では旬を迎えるということで多くの上海ガニが出荷されているのですがその時に行われるのは縄で縛るという方法です。

体を縛る理由は大きいハサミで他のカニを傷つける恐れがあるためそれを防止するという理由になるのですが、一日に大量のカニを縛るおばちゃんらの給料はどのくらいなのでしょうか。

中国メディア『搜狐』によると思いのほか多く給料をもらっており平均月給は1万元(約17万円)以上になる場合も多いといいます。

杭州捆蟹工日捆上千只蟹 月工资过万-搜狐大视野-搜狐新闻

image_58
Photo:搜狐新闻
image_57
Photo:搜狐新闻
image_56
Photo:搜狐新闻

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!