image_62

湖や田んぼなど、夏に発生する『アオコ』。まるで緑色のペンキが流れ込んだかのような強い緑色が特徴なのですが、韓国の研究所は水の電気分解を用いることで効率的に除去する装置の開発に成功したと報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディア『聯合ニュース』によると、河川で発生したアオコを99%除去することが可能というアオコ除去連続工程システムが開発されたと報じています。

하천 녹조 99% 제거한다…'전기분해 원리' 적용

この装置を開発したのは韓国機械研究院環境機械室の研究者らで、水を電気分解する際に発生する水素がアオコを凝縮させる働きをすることが分かり装置の開発に至ったといいます。

image_60

アオコの効率的な除去方法は水を汲み上げろ過するという方法や硫酸銅などの殺藻剤やバクテリアを用いる方法など幾つかあります。研究チームによるとによると開発された装置を用いることで微細な水素のガスがアオコの塊を浮かびかがらせ除去することが確認され、実に99%を除去することができるとしています。
また殺藻剤を使うよりも環境に優しくフィルターや遠心分離機を使うよりも消費エネルギーが低くコストパフォーマンも高いことが特徴だとしています。

image_61

研究者によると、この装置は「藻類からバイオディーゼルを抽出するため研究を行っていたところアイディアを思いついた」としており今後、持ち運び可能なアオコ除去装置を製作し小さい池を使用した試験を行う計画です。

この装置に関してはアオコの発生そのものを抑制したり取り除くというものではなく、水中のアオコを浮かび上がらせて除去を容易にするための装置とのことです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!