C-130E

軍事用に利用されている大型の輸送機C-130に関して、先日イラク空軍は戦闘機や爆撃機で運用する航空爆弾を上空から投下する試験を実施し成功したと発表しています。

スポンサーリンク
海外の航空専門サイト『Poder Aéreo』によるとイラク空軍が導入しているC-130E輸送機を使用した航空爆弾の運用テストを行ったと報じました。記事によると投下されたのはMk 84という爆弾で輸送機・爆弾ともアメリカが開発したものが使用されています。

Irã testa cargueiro C-130E como bombardeiro - Poder Aéreo - Forças Aéreas e Indústria Aeronáutica


C-130E_1

投下されたMk 84は全長3.2m、直径46cm、重量約2000ポンド(約900kg)の大型無誘導爆弾でイラク空軍によるとC-130E輸送機では合計6発搭載することができるとしています。

C-130はアメリカが開発しイギリス、日本、オーストラリア、カナダなど69カ国の軍隊で運用されている軍用輸送機です。一方で空中消化機、救難機としても運用されるなど高い拡張性のある機体でこれまでも爆撃機では運用できない規格外の超大型爆弾を空中から投下する試験に使用されるなど様々な運用方法が行われていました。

▼対戦車ミサイルを搭載した米軍のC-130(KC-130J)
C-130

C-130は高い機体性能や輸送性能から民間航空機『LM-100J』という民間機が開発され今後就役する予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!