image_3

戦車や装甲車を破壊することを目的とした大型の地雷『対戦車地雷』。一般的な装甲車であれば1発で車両が走行不可能になるほどの強力な威力があるのですが、イギリス企業は車両上部にロケットブースターを搭載することで人的被害を抑えるという画期的な防衛策を発表しています。

スポンサーリンク
戦争や紛争などで軍事的対立が繰り広げられている地域では、地面に埋め込まれた地雷を踏むことによる被害が続出しています。これは自動車に乗っている場合でも同様で、車もろとも吹き飛ばされて多くの兵士が命を落しています。人々の命を守るためにイギリスの企業が開発した新装置は、下から突き上げられる地雷による衝撃を、なんと車両の上に装備したロケットブースターを強力噴射することで押さえつけ、衝撃を相殺するという実に力技なものとなっています。

GIGAZINE


こちらがイギリスの防衛企業Advanced Blast and Ballistic Systems ABBSが開発した『VGAM』という装置です。これは地面に埋められている地雷やIEDという即席爆発装置が車両下部で爆発した場合に発生する致命的な運動エネルギーを車両上部に取り付けられたロケットモーターを点火することで相殺させるというものです。

▼6kgの地雷で5m浮かび上がる軽装甲車
image_1

▼VGAMを搭載することで車両は無事です
image_2

この手の軽装甲車は対戦車地雷やIDEから乗員を守るため車両下部が装甲板で覆われているなど改造が施されているものが多くなっています。しかし、強烈な爆風で垂直に浮かび上がることは防ぐ事は難しく車内にいる人にダメージを与えてしまうといいます。
同社によるとロケットモーターを点火した場合、瞬間的に150トンという力が加わると説明しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!