ブラモス巡航ミサイル_1

インド空軍によると今月、ブラモス巡航ミサイルの発射試験を初めて実施し航空機搭載型の巡航ミサイルとしては最速となるマッハ2.8を記録することに成功したと発表しています。

スポンサーリンク
The Aviationistによると、この試験は今月22日実施されたものでインド空軍の戦闘攻撃機 Su-30 MKIにブラモス巡航ミサイルを搭載。上空で切り離し、搭載されたエンジンの動作を確認する試験を実施しました。記事によると試験ではベンガル湾に設けられた目標に向け発射されたとしています。

The Aviationist » India Successfully Test Fires “Fastest Cruise Missile” From Aircraft



ブラモス巡航ミサイルは全長8.4m、重量約2.5トン、2段式の個体ロケットとラムジェットによる推進装置を搭載しておりその速度はマッハ2.8以上としています。射程は約400kmで弾頭には約300kgを搭載することが可能です。攻撃の可能な対象は陸上、海上など様々で高速で飛行することから迎撃が難しい巡航ミサイルとしています。

ブラモス巡航ミサイル

この兵器はロシアとインドにより開発されているもので潜水艦から艦艇、航空機、車両から発射可能で航空機からの発射はインドでは初。インド空軍によると、この巡航ミサイルを搭載できるよう50機分のSu-30 MKIの改修または新規製造を行うとしています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!