火星15

29日未明に発射されたICBM、大陸間弾道ミサイルに関して北朝鮮の朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は火星-15の写真を公開しました。

スポンサーリンク
労働新聞は今回発射した弾道ミサイルとその発射に関して42枚の写真を公開しました。火星-15は「火星-14の上段をアップグレードしたものだ」「火星-14の派生型だ」など様々な意見があったものの、韓国メディアの報道によると火星-14よりも全長が80cm長くなった20.6mに大型化されていると分析されています。また写真からは第一弾エンジン部分の構造すらも異なっており全く別の新型弾道ミサイルであることは明らかです。



火星15_20

こちらが公開された火星-15です。ウイニング トンネルなどの構造から少なくとも2段式のロケットであることが確認できます。ミサイルは9軸18輪型の輸送起立発射機(TEL)に搭載されています。この手のTELで『9軸18輪』という車両は世界でも確認されていません。

火星15_21

火星15_22

火星15_23

火星15_24

火星15_25

火星15_26

火星15_27

火星15_31

火星15_28

火星15_30

火星15_34

火星15_1

以下は発射の写真。火星-12、14で見られらたバーニアスラスタという姿勢制御用の補助エンジンが確認できず第一弾エンジンは構造が異なるものが搭載されています。
火星15_2

火星15_3

火星15_4

火星15_5

火星15_6

火星15_8

火星15_10

火星15_11

火星15_12

火星15_13

火星15_14

火星15_15

火星15_16

火星15_17

火星15_18

火星15_19

火星15_35

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!