国際宇宙ステーション

本日14日4時過ぎに打ち上げが実施された金井さんの乗ったソユーズ宇宙船について、明日18日夕方に日本上空を通過すると考えられ、地上からも観測ができる可能性があるので紹介します。

スポンサーリンク
本日打ち上げられた金井さんら3人が乗ったソユーズ宇宙船について国際宇宙ステーションに到着する時間は日本時間で明後日の12月19日午後5時過ぎです。実はその前の明日、18日午後5時過ぎに国際宇宙ステーションが日本上空を通過します。
このときに国際宇宙ステーションに接近しているソユーズ宇宙船が観測できる可能性があります。

国際宇宙ステーション12月18日
具体的な方角や地域、時間はJAXAの「きぼう」/ISSの目視予想情報もしくは観測地点から確認する必要があります。

観測可能な時間帯は地域により異なるのですが、観測可能な地域は沖縄を除く西日本では兵庫県から東の地域、東日本では新潟県や福島県より西に地域です。国際宇宙ステーションの観測可能な時間帯(ソユーズ宇宙船ではない)は東京では18日午後5時16分~22分まで西北西から南西を通過し南南東に消えてい行きます。また沖縄県では18日午後6時53分から観測可能です。

ソユーズ宇宙船に関しては国際宇宙ステーションの後ろ側に位置していると考えられるのですが、どのような位置関係にあるのかは全くわかりません。想像では数十秒から数分、場合によっては数十分遅れで通過すると考えらます。ソユーズ宇宙船が肉眼可能なのかについては観測経験がなく全く不明です。ただ、ネット上を調べてみるとソユーズ宇宙船の観測記録が書かれているブログが存在するので周囲が暗い環境であれば観測は可能と考えられます。

いずれにしても国際宇宙ステーションは空に雲がなければ肉眼で観測することができます。見たことがないという方はぜひ一度観測をされてみてはいかがでしょうか。



スマートフォンアプリで国際宇宙ステーションの位置や方角を示す事ができるアプリがあります。予備として事前にインストールしておくと便利かもしれません。
SpaceStationAR LITE(iPhone,iPad)
SpaceStationAR LITE(Android)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!