川底から見つかったシェア自転車_1

中国の都市部で最近流行っているのはスマートフォンがあれば誰でも利用することができるシェア自転車です。しかし、最近都市部の川をせき止め水を抜く工事を行ったところ川底から大量のシェア自転車がでてくる出来事がありました。

スポンサーリンク
最近日本では池やお堀の水を抜き外来種を駆除するというテレビ番組に人気がでていますが、一方中国では建設工事の関係で川の水をせき止めたところ川底から複数のシェア自転車が出てきたと中国メディアが伝えています。

シェア自転車が見つかったのは中国浙江省杭州市で小さな川で公園と散歩コースとして整備されているそうなのですが、その川底には投げ捨てられたと考えられるシェア自転車が数十台引き揚げられました。

川底から見つかったシェア自転車_2
Photo:网易新闻
このシェア自転車については中国ではどこでも乗り捨てることができ、またその自転車を誰でも利用することができる有料のサービスです。しかし、自転車が大量に供給されており一箇所にたまり続けることで歩行者や自動車の通行障害が発生するなど社会問題化してます。

そのため腹を立てた住人らが自転車を破壊したり捨てたりする行為がこれまでも多く確認されていました。

川底から見つかったシェア自転車_3
Photo:网易新闻
川底から見つかったシェア自転車_4
Photo:网易新闻

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!