グレムリン計画_1

アメリカで開発が進んでいるのは輸送機から無人機を発進させ回収するという航空母機です。一般的に空中空母と称されるこのグレムリン計画に関してアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は来年にも運用に向けた試験を実施すると報じられています。

スポンサーリンク
DARPAは低コストで再利用可能な無人航空機システム(UAS)としてグレムリンという空中空母を開発する計画を進めています。この計画は2016年に明らかになり現在はフェーズ2としてダイネティクスという航空宇宙企業、及びジェネラル・アトミックス・エアロノーティカル・システムズというMQ-9 リーパーなど比較的大型の無人航空機を開発している企業に対しプロトタイプの開発を行わせています。
そして2019年に試作機を用いた試験を実施するとしています。

DARPA hopes to swarm drones out of C-130s in 2019 test

▼ダイネティクスのグレムリン計画(想像図) 爆撃機からも大量の無人機を発進させ空中回収します。
グレムリン計画

具体的にどのように運用されるのか。DARPAによると既存の航空機(輸送機)から再利用可能な無人航空機システム(UAS)を展開し、空中で回収します。運用される無人航空機には爆弾以外も監視や情報収集を行える装置、電子戦が行える装置を搭載し展開する能力が求められており、一度使用した機体は24時間以内に再整備され使用できる状態にします。
無人機の再使用回数は約20回。従来の有人機で行うより場合よりも低コストので運用が行えるシステムを目指しています。

このグレムリン計画に関しては発射する母機はB-1Bなど爆撃機が行い回収をC-130などの輸送機で行うという表現もあり輸送機が発進から回収を行うのかは不明です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!