リフト

早い冬の訪れと平昌冬季オリンピックを控え年末年始スキー場に行かれたと方も多いと思います。海外のスキー場で先日、突風であおられたリフトが大きく傾くという出来事があったと報じられています。

スポンサーリンク
詳細は不明なのですが、事故があったのはオーストリアのスキーリゾートとして知られるというフォアアールベルク州モンタフォンにあるスキー場です。
ネット上の書き込みによると映像撮影時には39m/s(時速約140km)の突風が発生しておりこのような事態になったとしています。



このリフトは自動で開閉するフード付き6人乗りリフトと足置きと一体化したセーフティーバーが搭載されているタイプと考えられます。この風防は乗車時に冷たい風から守るため搭載されているのですが構造的に風に煽られやすくなります。
またこの手のリフトやゴンドラは支柱等に風速計が搭載されており安全値を超えた場合は自動停止するように設計されています。


リフトは停電などで外部からの電力が供給が失われた場合は予備電源のディーゼルエンジンによる発電でこれを稼働させます。またそれ以外の理由でリフトが動かせなくなった場合は救助装置を利用し一人ずつ地上に降ろされることになります。
以下の動画では金属製の椅子のようなもので救助されていますが救助に使われる道具はバッグ状のものなど幾つかタイプが存在します。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!