火星-12

昨年、北朝鮮が打ち上げ弾道ミサイルの中で打ち上げに失敗し近郊の街に墜落した件が遅れて報じられました。今回はこの打ち上げと墜落した地点とされる衛星写真を紹介していきます。

スポンサーリンク
この打ち上げに関しては発射された当時にも発表されていたのですが、具体的にどのようなミサイルだったのかまではわかっていませんでした。その後、今月4日に続報が報じられたもので2017年4月29日北朝鮮の平安南道・北倉空軍基地から打ち上げた火星-12が打ち上げ後1分に爆発し北東に39kmの位置にある徳川市に墜落していたというものです。

墜落した事実については発射があった当時も報じられていたのですが、徳川市(グーグルマップ)の産業団地にある農業関連施設が密集する地点に落下し被害を与えていたことがわかり、複数の死傷が出たのではないかと続報を伝えていました。

火星12については2017年から打ち上げが開始され、数回しか報じられることはなかったのですが5月15日高度2111kmに到達するまで少なくと3回の打ち上げ失敗が続いていました。その1つが4月29日の打ち上げになります。

▼落下地点の衛星写真 4月29日には黒っぽく変色したものが確認できる
image_4
Photo:The Diplomat

この失敗について北朝鮮では一切報じられてはおらずどのような被害が出たのかは不明です。またこれらの打ち上げ失敗に関してニューヨークタイムズ紙はアメリカのサイバー攻撃原因だと報じているのですが真相は明らかになっていません。

火星-12の発射履歴は以下の通りです。
火星-12
Photo:北朝鮮ミサイル実験ビジュアライゼーション


2017年3月22日
打ち上げ直後爆発

4月5日
最高高度189km、飛行距離60km(打ち上げ失敗)

4月16日
金日成誕生105周年翌日の発射、打ち上げ直後爆発

4月29日
最高高度71km、飛行距離39km(打ち上げ失敗)

5月15日
最高高度2,111km、飛行距離787km

8月29日
最高高度550km、飛行距離2,700km

8月29日
最高高度770km、飛行距離3,700km

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!