image_12

アメリカの民間宇宙開発企業スペースXが今月7日に打ち上げた米政府が運用する人工衛星『ZUMA』について、打ち上げが失敗した可能性がある一部メディアが報じています。

スポンサーリンク
スペースXが運用するファルコン9により打ち上げられたのは昨年11月より打ち上げ延期が続いていたZUMAという衛星です(正しくはミッション名)。この衛星はアメリカ政府やその機関が運用するもので製造したのは軍需大手ノースロップ・グラマンということもあり具体的にどのような機能を搭載した衛星の詳細は機密とされ一切明らかになっていません。

この衛星はアメリカ現地時間1月7日に打ち上げられたものの、何らかの不具合が生じ正しい軌道に投入できなかった可能性があると報じられています。

It’s not official, but sources say the secretive Zuma satellite was lost | Ars Technica

記事によると、第2段と人工衛星の切り離しが正常にできなかった可能性があるとしており、展開するはずだった衛星と通信ができていないとしています。また既に墜落した可能性もあると報じるメディアもあり、具体的にどのような状態になっているのかは公式な発表は無いとのことです。
一方この衛星を打ち上げたスペースXは打ち上げに成功したと発表しておりこの手の情報は虚偽だとする声明を発表しています。

▼ZUMAミッションの打ち上げ映像


ちなみに、このネタの出処はどこなのか調べたところウォール・ストリート・ジャーナルなどの大手メディアが政府関係者の話しとして「軌道に投入することができなかった」「大気圏に急降下したと考えられる」という内容を報じていました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!