ボーイング 極超音速機_4

アメリカで開催された米国航空宇宙学会(AIAA)の年会講演会『SciTech』で、航空宇宙大手ボーイングが開発を進めているという無人極超音速機のコンセプトが初めて公開されました。

スポンサーリンク
詳細は不明なのですが、今回発表された機体はロッキード・マーティンが開発を進めているSR-72という極超音速機に対抗するため開発を続けているものと考えられ、海外メディアによると最大で1時間に6,200kmを飛行することができると報じられています。つまり最高速度は6,200km/hとなり換算するとマッハ5となります。

ボーイング 極超音速機_1
Photo:新浪网
海外メディアによると、仮にこの機体の試験機を開発した場合、まずはF-16戦闘機サイズの試作機にシングルエンジンを搭載したものを作り、その後コンセプトに近い機体を製造するとしています。また最終的な機体サイズはSR-71とほぼ同じサイズになるとのことです。

ボーイング 極超音速機_2
Photo:新浪网
ボーイングはこれまでX-51などスクラムジェットエンジンを搭載した小型の無人試験機の試験を行っており、ある程度の技術はあると考えられるもののこの手の大型機でマッハ5を超える機体というのは開発した実績がなく、ロッキード・マーティンが開発を進めているSR-72と同様に非常に困難なものになると考えられます。

ボーイング 極超音速機_3
Photo:新浪网
image_26

Boeing Unveils Conceptual Hypersonic Jet Design To Replace The SR-71 Blackbird
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!