長征11号

人工衛星の小型化を受け世界でその衛星を打ち上げるロケットが開発されていますが、中国では先日『長征11号』3号機の打ち上げに成功したと発表しています。このロケットは日本のイプシロンのような固体ロケットとなっています。

スポンサーリンク
中国新聞社など中国メディアは19日、同日午後0時12分(日本時間同日午後1時12分)に内モンゴル自治区にある酒泉衛星発射センターで打ち上げられた固体燃料ロケットの長征11号が、商業衛星6基の軌道への投入に成功したと伝えた。 

Record China
今回打ち上げられた長征11号ロケットは全長20.8m、直径2mで打ち上げ能力は地球低軌道に700kg、太陽同期軌道に350kgを投入することができます。比較として強化型イプシロンロケットは長征11号よりも一回り大きく全長26m、直径2.6m。打ち上げ能力も地球低軌道1,500kg、太陽同期軌道に590kgと性能は2倍近い性能差があります。

長征11号は2015年9月、16年11月、そして今回の3回目の打ち上げとなり『吉林1号視頻06』と『07』さらにカナダの衛星を含む合計6機の人工衛星を搭載し打ち上げました。



この長征11号ロケット最大の特徴は打ち上げコストの安さです。記事によると1kg当たりの打ち上げコストは1万ドル以下(約110万円以下)としており、強化型イプシロンロケットの1kg 300万円、ロシアのロコットロケットの1kgあたり156万円よりも安くなっています。
また先日打ち上げたアメリカのエレクトロンロケットよりも安価で、この手のロケットの中では極めて安価なロケットに分類さているものと考えられます。

固体燃料ロケットということで即応性に優れメンテナンスも容易であることも特徴で、記事によると打ち上げの準備期間は現在3ヶ月ほどかかっているものの今後、最短で24時間まで短縮することが可能だと主張しています。

長征11号_1
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!