マクドナルド 雪

国内外で様々な問題を起こしているマクドナルド。中国のとあるネットユーザーによると先日、マクドナルドの店員が外の雪を容器に入れ、溶かしたものからドリンクを作っていたとする動画が公開され波紋を広げています

スポンサーリンク
中国の複数メディアによると、先月29日湖南省張家界市にあるマクドナルドで店員が降り積もった雪を集め容器の中に入れ、溶かしたものを客に提供した疑いがあるとする動画が投稿されたと報じています。

中国麦当劳用雪水制餐 多人腹泻不适[视频]_中国-多维新闻网



こちらが実際に撮影された映像です。撮影者によるとマクドナルドの店員は容器の中に雪を入れ、カウンター奥の調理場にある別の容器に移していたと主張しています。撮影者によると店員はこの動作を4回行っていたとしており、一部の消費者は下痢を起こすなど体調不良を訴えているとのことです。ただ、この水が提供されていたという決定的な様子は撮影されておらず、撮影者もその様子は確認できていないと話しています。

この問題に関して既にマクドナルドでは調査が行われており、現在のところ指摘するような問題は見つかっていないとしています。店員は何をしていたのかについては、外の雪を集め店内に持ち込んでいたことは認めているものの、溶かしたものは客に提供しておらずレストランの清掃用の水として使用していたといいます。
記事によると、この店がある張家界市では給水源になっている山が雪で閉ざされており、水が凍結し水不足に陥っているため不足している清掃用の水を確保しようとしていたといいます。

image_79

ただ、動画では集めた雪を調理器具を使って別の容器に移していると考えられる後ろ姿が映っているものの調理器具を右手に持った状態で、置かれたコップを左手で取り何かをしている動作が映し出されています。
仮にマクドナルドが主張する『清掃用の水』だったとしても不自然な点があります。また、外にある雪を店内に持ち込むという行為や雪を清掃用の水として使う行為そのものがマニュアルに違反しているものと考えられます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!