KC-130H_1

国内の複数メディアによると、愛知県小牧市で整備していたKC-130 空中給油機が動き出し、草地に突っ込んだで停止するする事故があったと報じています。(写真は参考資料)

スポンサーリンク
日本経済新聞などによると今月2日午前8時頃、航空自衛隊小牧基地で整備されていた同基地所属の第1輸送航空隊所属 KC-130Hが突然動き出し130m暴走するという事故があったと伝えています。

輸送機が車止め越え走行 試運転中に、空自小牧基地  :日本経済新聞

記事によると、機体は当時『プロペラエンジンの部品の交換に伴う整備作業』を行っており、その過程で行われるエンジンの試運転で機体が動き出したとしています。機体にはエンジンが4基搭載されており全てが動いた状態で、2種類のブレーキと主脚も車輪止を施した上で試験が行われていたといいます。

動き出した機体は当時機内に乗っていた整備士5人により停止されたものの、この間130mも移動しており最終的に草地に突っ込み停止したとしています。

具体的にどのような状態で停止したのか、SNS上などでも当時の様子は撮影されておらず具体的な状況は不明です。

KC-130H
KC-130Hはアメリカのロッキード・マーティン(ロッキード)が開発したC-130 輸送機の派生型で、翼に給油ポッドを搭載することで他の機体に空中給油や通常の輸送任務を可能としています。

▼米軍における空中給油デモ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!