image_85

来週、開催される韓国 平昌オリンピック。韓国内では数万人規模のボランティアを含むスタッフが動員されているのですが、そのうち約3,000人のボランティアが既に辞めていたと報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディア『ニューシス』は今月、平昌オリンピックで集められたボランティアに関して「劣悪な労働や環境が原因で3000人あまりが辞めた」などと報じたことに対し、大会組織委員会は「多くはボランティアを始める前に辞めている」と反論していると報じています。

[올림픽] '푸대접'에 관둔 자원봉사자?…조직위 "사실과 다르다"

記事によると、平昌オリンピックではボランティアを含むスタッフを85,000人集めており、そのうちボランティアが21,000人、短期サポート(派遣)として11,000人が含まれています。多くは昨年12月から活動を始めました。

一方で集められたボランティアが既に約3,000人が辞めたとしている理由について、大会組織委員会は「個人的な理由や事情、心境の変化などを理由に辞めており、劣悪な待遇により辞めたと誤って伝わってしまった」と主張しています。
大会組織委員会によると運営スタッフは当初から110%の人数を集めており、現在も予備人員を募集しているとのことです。「予想よりも多くの人員が離脱したものの運営には問題ない」と話しています。

これまで報じられたスタッフの食事や温水がでない宿泊施設の問題については多くが改善されているとしています。一方、通勤にかかる時間の短縮に関しては現地の宿泊施設が不足しており物理的に解決することは難しいとし、今後車両の追加投入や温かい環境を提供するとのことです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!