RC-2

僅か数機しか製造されていない国産新型輸送機『C-2』に関して今月8日、電子偵察機RC-2となった機体の初飛行が航空自衛隊岐阜基地で行われたと報じられています。

スポンサーリンク
米ディフェンス・ニュースによると、初飛行が実施されたのはC-2輸送機をベースに開発された派生型RC-2 電子偵察機というものです。RC-2 電子偵察機については岐阜基地で撮影を続けている方の情報として6日に地上試験、8日に初飛行が実施されていたとしています。

Images reveal progress on Japan’s C-2 intelligence-gathering variant

RC-2は2013年時点で4機のYS-11EB電子測定機の後継機として研究が行われていたもので現在のところ4機程度の調達が予定されているとのことです。


こちらが2月8日に撮影されたRC-2です。

C-2
こちらが改造前の姿になるのですが、機体両側面と上部にレーダー類が収められていると考えられるドームがあり、機種部分のレドームも大型化されています。

将来的に置き換えられるYS-11EBは就役から30年以上が経過していおり老朽化が指摘されています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!