image_15

中国メディアによると、こんごう型護衛艦の三番艦「みょうこう」について最近、マストの先端部分がポッキリと折れている様子が撮影されたと報じられています。

スポンサーリンク
中国メディア『新浪网』によると、京都府舞鶴基地を母港とする第3護衛隊群第3護衛隊所属のイージス護衛艦「みょうこう」について、マストの先端に取り付けられたアンテナが根本付近から折れている様子が撮影されたと報じています。

说好的亚洲第一海军呢?日本宙斯盾舰桅杆折了_高清图集_新浪网

みょうこう_1

みょうこう

詳細は不明なのですが、戦術航法装置(TACAN)という装置が搭載されている支柱がほぼ破断しているような形で折れ曲がっており、これを支えている根元付近も軽く折れ曲がっている様子が確認できます。


みょうこう_2
赤枠が折れてしまった部分です。

『みょうこう』は1994年10月に進水した全長161mの護衛艦で、4隻建造されたこんごう型護衛艦の3番艦になります。1998年には北朝鮮から発射されたテポドン1号、2006年のテポドン2号ミサイルの探知・追尾に成功しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!