image_40

放射能を表すハザードシンボルが付けられた黄色の缶。これは低レベル放射性廃棄物を収める缶に似たものになっているのですが先日、韓国では全国各地の政府庁舎や関連する機関にこの缶を模した物が郵送され警察や消防当局が出動するケースが相次いだと報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディア『聯合ニュース』によると警察の発表として今月23日、全国各地の政府庁舎・政府機関・また自治体などに核廃棄物の形の缶を模したものが届き、警察や消防当局、また軍が現場に出動して爆発物鑑識作業が行われる騒ぎがあったと報じています。

'핵폐기물 모양 깡통' 택배에 전국 화들짝…군경 출동 소동(종합2보)


記事によると、23日に午前9時30分頃に国民権益委員会宛に核廃棄物を示す荷物が届きました。午後にはソウル西大門郵便局でそのような宅配便が到着したという申告があり、警察と消防当局が現場出動。また釜山でも同様の荷物が届いた他、蔚山(ウルサン)では午後3時頃、郵便局に市長に宛で同様の宅配便が到着し警察・消防職員が出動しました。

image_42

当局によるとダンボールの中には核廃棄物問題の解決を促すメッセージが書かれており「箱の中にあるものを確認する前に、すぐに手袋とマスクを着用してください」などと書かれていたといいます。

▼円仏教環境連帯のFacebookに投稿された写真
image_41

この荷物を送りつけたのは『円仏教環境連帯』などという脱原発派の団体で、核廃棄物の問題の深刻さを知ってもらおう企画したプログラムの一つとして子どもたちと作ったものだと話しています。

警察当局は今回の郵便物は違法性がるとして調査を初めており、「公務執行妨害の疑いに該当することもでき、団体の関係者を呼んで、正確な経緯を聞いて法的検討をする予定だ」と話しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!