動物園不正入場

中国では動物園の入場料金を払いたくないという理由で不正入場する輩がいると過去にお伝えしたことがあるのですが、今回問題になっているのは上海野生動物園です。なんとかれこれ2年ほど、駅まで客を探しに行き不正入場させるグループが存在していると報じられています。

スポンサーリンク
中国メディア『华商网新闻』によると、今回明らかになったのは上海野生動物園に不正入場させる4人組のグループです。このグループは平日では20~30人、休日になると80人ほどを手数料として通常の入場料よりも安く不正入場させているとしています。

上海野生动物园现爬梯翻墙逃票|逃票|野生-天下图库_华商网新闻

観光客を装った記者によるとこのグループは3人と1人に別れ、3人は車で地下鉄駅で客を探し動物園付近まで送り届けるということを行っています。1人はハシゴを使って客を上海野生動物園に入れるまでを行っているとのことです。

▼客引きを行うグループ
動物園不正入場_1

▼動物園不正先
動物園不正入場_2

▼ハシゴをかけるグループ
動物園不正入場_3

動物園不正入場_4

▼動物園の内側から
動物園不正入場_5

記事によると、この動物園の入場料は大人一人130元(約2200円)なのですが、不正グループは100元(約1700円)を取っているとのこと。また、動物園ではエリアごとに入場パスを提示しなければならない仕組みになっており、不正入場した場合は当然これらの立ち入りはできません。

もちろんこのような不正入場が行われている動物園はここだけではなく、2017年1月には西安秦嶺野生動物園で不正入場を手引していたグループが逮捕されています。また2017年2月、浙江省にある雅戈爾動物園では自ら不正入場した客が誤って猛獣エリアに侵入してしまったことで、結果的にトラに襲われ死亡する出来事も発生しています。(参考)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!