image_54

世界でも稀な計画を実行をしようとしているのはオーストラリア政府です。なんと、国内の一部地域の家にテスラ社のソーラーパネルとバッテリーを導入してもらい慢性的な停電の解消を行うとしています。

スポンサーリンク
今回オーストラリアが計画しているのはソーラーパネルと発電した電力を貯めるバッテリーを複数の家庭に配布することで発電と供給を分散させるという、規模としては世界初と考えられるバーチャル発電所です。

Tesla crea in Australia la prima centrale elettrica "virtuale" - Wired

計画では5万戸の家庭に最低でも5kWの発電能力のあるソーラーパネルを導入し、合わせてTesla Powerwall 2というバッテリーも導入してもらいます。もちろん、これらの導入費は全て政府が支払うため家庭への負担はありません。現在の計画ではまず1100戸の家庭に先行してソーラーパネルとバッテリーを導入してもらい、その後徐々に広げる計画です。
政府による試算によると導入された家庭では最大で3割ほど電気代が安くなる可能性があるしています。

Tesla Powerwall

記事によるとオーストラリアは生産している電力の約6割が石炭火力発電となっており、2020年までに再生可能エネルギーによる発電を33%に達する目標を掲げています。他にも、オーストラリアで頻発しているという停電もバッテリーを可動させることで解消することもでき一石二鳥を狙った導入になります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!