image_24

アメリカ航空宇宙局は火星の軌道上から探査を行っているマーズ・リコネッサンス・オービターが撮影したクレーターから水が流れ出した写真を公開しました。

スポンサーリンク
今回発表された画像は2011年11月にマーズ・リコネッサンス・オービターにより撮影されていたもので、その膨大なデータのなかの一つにこのような不思議なクレーターが映っていたものになります。

image_25

こちらがマーズ・リコネッサンス・オービターにより撮影されたものなのですが、向きが違っており実際は90度左に回転させたものが正しい向きになります。(流れ出した跡が北向きになる)

その上で、このクレータの直径は約3.7kmありクレーターの流出口の大きさが約250m。そこから3kmほどにわたり流出し川のような痕跡を作ったということになります。この規模から考えても相当量の水が流れたとこが想像できるのですが、NASAによると残された跡を調査することで古代火星の水の活動の歴史がより詳しく理解することができるようになると話しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!